フリーランスの方にもオススメ! 会計freee(フリー) クラウド会計が優秀過ぎる

シェアする

PC目次上 広告リンク レスポンシブ

フリーランスの方にもオススメ 会計freee クラウド会計が優秀過ぎる

全くその業務経験がなくてもやれば出来るがモットー
(@zinbuka)zinbukaブロガーけいです。

今日は自分の仕事でも使っているクラウド会計ソフト「freee(フリー)」が物凄く便利で優秀なので記事にしたいと思います。

他のクラウド会計ソフトを使用したことがないので比較の記事は書けませんが機能的に

会計freee(フリー)はフリーランスの方にもかなりお勧めだと思います。

会計フリーを無料で試す!

スポンサーリンク

クラウド会計ならではの銀行口座・クレジットの連携

会計や簿記の知識がないと通帳の記帳や請求書・納品書のまとめ等ハードルが高い作業がたくさんあります。

会計freeeを導入する以前、僕の会社では経理担当者や自分が納品書や請求書を取りまとめ各銀行口座の入出金を契約している税理士さんに書類をFAX送信や郵送でお送りして入力や確認を行っていただいていました。※これがかなり手間で当時は非効率でした。

これでも問題なく経理作業を行えるのですが、僕の会社の様に取引先が多岐にわたる場合や海外との取引がある場合、支払いの決済がクレジットやPayPal(ペイパル)などを導入していると紙で出力するには手間がかかりますし資源も無駄、年配の税理士さんにはPayPal(ペイパル)等の決済サービスを理解していただくのも一苦労。

PayPal(ペイパル) オンライン上での支払い・受取りを安全にできる決済サービス

結果として経理の作業が遅延し、現在の資産状況が掴めない状況に。これでは効率が悪い上に経営自体にも影響が出るとの懸念からクラウド会計ソフトfreee(フリー)を導入しました。

一番最初に驚いたのは利用している各銀行口座・利用しているクレジットカードとの自動連携でした。連携できる口座・クレジットもかなり多く大手のものであれほぼ問題なく同期出来ます。

同期できない場合でも入出金データ 等をCSVで出力することが出来れば一括で入手金履歴を取り込むことも可能です。

自動で同期は入出金の日付や取引名が確認出来て、何度か同じ取引があれば推測して取り込むことも。また取引ごとに自動のルールを設定することで勘定科目や取引先、税区分について等も同期するだけで登録することが可能です。

フリーランスの方などはご自分で販売や営業、webページの作成等と同時に経理などの作業を行わなければいけないでしょうから効率的に進める上でクラウド会計はお勧めです。

会計freee(フリー)が自動で行ってくれている間に作業を行えるのがメリットです。

スポンサーリンク

会計freee(フリー)での入力・仕分け作業はゲーム感覚

※こちらの管理画面TOPは少し古いものになります。

口座やクレジットを自動同期して入出金が取り込まれると未処理として件数が貯まって行きます。(自動取引のルールで登録までを設定していると未処理とならず同期して時点で入力まで完了となります。)

会計freeeのTOP画面に自動で経理と表記された場所に未処理〇件とあるものが科目の振り分けや取引先などの情報を登録していない取引です。

中に入ると取り込んだ銀行・カードの明細が一覧で表示されます。勘定科目を選択、カーソルをそこにもっていくだけで収入・支出に合わせた科目の候補がでるので取引に合わせて選択するだけです。勘定科目に応じて自動的に税区分反映され取引先(こちらも登録すれば候補が検索可能)を選択細かな品目を分けたければ入力、さらにメモなどを追加したい場合は備考に記載して登録ボタンで会計データとして登録するだけ。

取引先を登録しておけば次回登録する場合の手間が省け、請求書のを作成したり各レポートを参照するときに絞り込めて大変便利です。

感覚的には取引先や品目などが登録されている場合だと「ポチポチ」したら経理終了といった感じでゲームでも操作していると入力が終わったみたいな感覚です。


自分も色々なタスクと同時進行で処理出来ているので効率的に経理をするにはかなりお勧めします。これに変えて他の業務が出来る時間がかなり増えました。もっと早くから導入していればと後悔しています。

会計freee(フリー)なら未払いや未入金もすぐに確認出来ます

商品仕入れの支払いや、営業などでの売り上げの入金についても会計freee(フリー)ならすにぐ確認することが出来ます。

登録も簡単で、取引ごとに支払い期日などを入力するだけで管理画面TOPの未払い(支払いが近い取引)や未入金などの確認もすぐ出来てチャック漏れなども防げてすごく便利です。

何度この機能で未払いを防げたことか!本当に会計freee(フリー)のおかげです。

フリーランスになられたばかりの方などは売り上げをアップすることに注力するあまり支払いを忘れたなんてことがあると一気に信用も下がりますよね。クライアント等との信頼関係構築にもfreee(フリー)は活用できる大変良いクラウド会計ソフトだと思います。

会計フリーを無料で試す!

まとめ

自分は使用していないのですが、会計freeeでは請求書や納品書、見積もりなんかも作成可能です。従業員がいる方は給与計算なども行えますのでこれさえ導入すれば経理作業全般をカバー出来ます。

経理初心者の方やフリーランスの方に会計freee(フリー)は絶対にオススメです。

まだまだ説明手しきれていないの次回もまた記事にして機能を紹介したいと思います。

経理の現場からは以上です。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク