差し歯をセラミックに交換してきた!つけた後調整は出来る?違和感は改善できる?

シェアする

PC目次上 広告リンク レスポンシブ

歯茎の痛みから歯医者に通いだし、親知らずの抜歯・歯石除去を経て

この度、ブラックライン等で長年悩んでいた保険適用の前歯の差し歯を「セラミックに交換」してきました。

※ブラックライン(歯茎と歯の境目が黒い・プラスチックの為色が悪い)

交換したセラミックは見た目としては「綺麗」で凄く満足なのですが、やはりこれまで使っていた差し歯とは若干形状や位置が変わってしまったようで口の中に違和感がありました。

差し歯を交換したい方や、実際にセラミックなどに交換した方で違和感を感じる人も多いようで

「保険適用の差し歯(前歯)ってどのくらい持つの」「セラミックに交換したらその後の調子はどう」

「つけてしまった後違和感があるが調整は出来る?作り治さなければいけないの?」

このようなお悩みがネットで多くありました。

そこで実際に差し歯をセラミックに交換した自分が不安になったことや疑問に思ったこと交換後の調整について検索してもなかなか良いこたえが見つからなかったので記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

保険適用の差し歯って何年くらい持つの?

差し歯とは虫歯や外傷などで歯を失った場合コアと呼ばれる心棒を立てその上に歯の形をした詰め物をかぶせた物(簡単に説明しています)

保険適用の場合仕様されるものは

  • 硬質レジンジャケット冠
  • 硬質レジン前装冠
  • 銀歯

金額は大体3.000~8.000円前後が相場の様です。

適切なケアをしていけば20年はもつみたいに言われているようですが、僕を見てくれた先生に質問したところ10年前後でチェックして場合によっては交換が必要になるとのことでした。

保険適用で金額も安くそんなに長い期間使えればコスパはかなりいいですよね。

スポンサーリンク

セラミックの種類や金額について

  • ハイブリットセラミック
  • オールセラミック
  • メタルボンド
  • ジルコニアクラウン
  • 金歯

こちらは保険適用外になるので金額も30.000~150.000円くらいになります。

今回僕は前歯3本をハイブリットセラミックに交換しました。金額的にオールセラミックが無理だったので・・でも全然満足してます。金額は120.000円でした。(これでも結構考えた)

女性の方や、美意識が高いメンズなどはオールセラミックとかを選ぶんでしょうね。

その場合はもっと高額な料金になるだろうからお金に余裕がないと難しいかなと。

耐久性に関してはそんなに変わらないかなと先生は言ってました。ただしレジンなどのプラスチック素材が少なかったり、全く配合されていないものになるので着色などの汚れが付きにくく見た目はきれいなままで長く使えるそうです。

こちらも10年くらい使えるとのことでしたが、メンテナンスもよく状態が良ければ20年オーバー使用している人もいるそうです。素材的に長持ちするんでしょうね。

セラミックの差し歯を実際に取り付けた後に違和感が、調整は出来る

結論からお話しますと、差し歯をセラミックに交換後(装着後)に調整は、

出来ます!」(僕は出来ました!)

一度つけてしまったらどうにもできない訳ではないので安心して下さい。(ここが一番不安)

高さの違和感等であれば装着してから調整することもよくあることだと先生が仰っていました。

勝手な自己判断やネットの情報を信じて調整できないと判断して我慢してしまう人もいるそうで、気なる部分があったらすぐに相談して欲しいと言われました。

ただし、注意点があります。

調整できるとは言っても既に装着してしまっていますので、普通の歯と変わりありません。高さの調整等で削ってしまうとセラミック自体もどんどん薄くなります。

耐久性が落ちたり、削りすぎて土台の部分が見えてしまう場合等もあるようなので十分注意して少しずつ調整してもらいましょう。

土台が見えてしまうほど削られてしまったらその歯医者さんは危ない・・・みたいなことを話されていました。自分がつけた材料の厚みも分からないのはちょっと・・らしいです。

僕はほんの少しだけ削ってもらったのですがそれだけでかなり違和感は減りました!

それまで使っていた硬質レジンの期間が長かったので(約15年)、その歯の形状に口腔内が慣れを感じていたのではないかと思います。新しくセラミックに交換して若干形状が変わったことで違和感を感じていたんだと思います。

出来る限り完全に装着してもらう前に調整してもらうことが一番ですが、

差し歯を交換した後に少しでも違和感がある場合は積極に相談して調整してもらいましょう!

保険適用の差し歯からセラミックに交換しての感想

差し歯を交換するまでは硬質レジン前装冠が入っていたのですが、裏側が金属になっているので舌が前歯に当たると何とも言えない感触で嫌でした。思いっきり笑うと歯の裏が黒く見えるのも悩んでいたので・・

今は思いっきり笑っても大丈夫なので「ニコニコ」です。なんだか気持ちまで明るくなってます。こんなことなら悩んでなんかいないで早く交換すればよかったです。

あとセラミックに交換して一番驚いたのは、歯が薄く(これが本来の感覚だったと思う)感じること。これまでの硬質レジンは裏側が金属で歯全体に厚みがあり入れた当初から違和感がありました。(完全に偽物の歯だなって感じ)

それがセラミックだと舌が当たると透き通って見えるくらいに薄いし自然なんですよね。

なんだが本当に自分の歯が戻って来たような感覚です。

これから差し歯を交換する方は是非セラミックにすることをオススメします!(お金はかかりますが・・)

まとめ

歯の悩みってあまり人に言いづらいですよね。歯医者さんにさえ相談しにくい方も多いのではないでしょうか。高額な差し歯に交換しようとする方の参考になれば幸いです。

本当に交換して良かったと自分は思っているのでキレイにしたい方はセラミックをオススメします。

患者からは以上です。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク